[エレクトロニクス実験ライブ・セミナ]
30分1本勝負!間違いだらけの電子回路測定【受講無料!先着100名】

~万能USB測定器「Analog Discovery 2」で実機の正しい測り方をマスタする~

講師:渡辺 潔(ワタナベ計測コンサルティング) / 企画:ZEPエンジニアリング

タイム・テーブルと申し込み

お申込みは,マルツエレックの通販ページで行います.下記スケジュール表のボタンを押して,必要事項の入力をお願いいたします.

月/日 開始 終了 内容 価格 申し込み
3/5(金) 12:30 13:00 第1回 実演!立ち上がり時間の正しい測り方 受講無料
3/6(土) 12:30 13:00 第2回 実演!グラウンドの正しい取り方 受講無料

※本セミナは先着100名です.お早めに申し込みください.

学ぶこと

今では電子回路シミュレータなどを使って回路を設計したり,検証したりするのが一般的になりました.しかし,実際に測定器で電子回路を測定すると,予測したとおりの波形が観測できないことがあります.測定誤差の原因は,誤ったプローブの使い方,外来ノイズ,配線の寄生インダクタンスや寄生容量など,さまざまです.
 本セミナでは,オシロスコープ,信号発生器,ロジックI/O,スペクトラム・アナライザ,ネットワーク・アナライザなどが一体化されたUSB測定器「Analog Discovery 2」を用いて陥りやすい間違いと対策をやさしく解説します.

写真1 本セミナで使用する万能USB測定器「Analog Discovery 2」 図1 Analog Discoveryの入力部の等価回路

内容 (1日目)

ローパス・フィルタとして使われるRC回路のステップ応答測定を例に,誤差の原因と対策を解説します.

(1)万能USB測定器「Analog Discovery 2」の内部構成と基本的な使い方

(2)測定器自体の誤差

(3)測定環境による誤差の誘発

(4)誤差の対策

内容 (2日目)

直列共振回路を例に,測定系のグラウンドの正しい接続方法を解説します.

(1)万能USB測定器「AnalogDiscovery 2」の内部構成と基本的な使い方

(2)直列共振回路の不適切な接続

(3)共振周波数における回路電流の測定

(4)直列共振回路の周波数特性の測定

受講対象

  • 測定の基本原理を学びたい方
  • 実機の実験経験が浅い方
  • 測定技術を磨きたい方

あると望ましい予備知識

  • 電気・電子回路の基礎

講演の目標

  • 電子部品(インダクタ,キャパシタ,抵抗)の本当の姿が見えてくる
  • 過渡応答特性と周波数特性の測定の基本が理解できる
  • 測定における誤差発生の見極めや必要な測定環境が理解できる

講師紹介

略歴

東京農工大学工学部電子工学科卒業後,電子計測器メーカに入社.電子計測のコンサルティング営業,アプリケーション・エンジニアなどを経験後,計測コンサルタントとして計測器の使いこなしのセミナなどを500回以上実施.

主な著書

  1. ディジタル・オシロスコープ実践活用法,CQ出版社.