7月10日 録画配信
ラズベリー・パイで学ぶLinux&Pythonプログラミング超入門
【Raspberry Pi&IoT実習ボード完成品付き】

~Linuxコマンド/Pythonの使い方からGPIO制御,センサ計測/グラフ化,
データのネット公開まで(再生時間247分,講義テキスト149頁)~

講師:後閑 哲也(マイクロチップ・デザインラボ) / 企画:ZEPエンジニアリング / 販売:マルツエレック

  • 本セミナのオンデマンド版を購入する
    本セミナと同一内容の講義ビデオと講義テキスト付きの動画製品もあります.購入後すぐに,また何度でも視聴できます.一時停止,巻き戻しも可能です

タイム・テーブルと申し込み

お申込みは,マルツエレックの通販ページで行います.下記スケジュール表のボタンを押して,必要事項の入力をお願いいたします.

月/日 開始 終了 内容 価格 申し込み
7/10(日) 10:00 23:59 ラズベリー・パイで学ぶLinux&Pythonプログラミング超入門【実習キット フルセット版】 \33,000
ラズベリー・パイで学ぶLinux&Pythonプログラミング超入門 【実習キット ライト版】 \24,750
ラズベリー・パイで学ぶLinux&Pythonプログラミング超入門 【実習キットなし】 \17,600

お申込み前にご理解いただきたいこと

  1. 【実習キット フルセット版】または【実習キット ライト版】には後述の実習キットに加え講義テキストと実習用ソースコードが,【実習キットなし】には講義テキストが付いています.
  2. 本セミナでは,2021年7月31日開催の同セミナを録画して編集した動画を配信します.7月10日 10:00~23:59の間は何度でもご覧になれます.
  3. セミナ動画をご都合のよい日時や無期限でご覧になりたい方は,オンデマンド動画セミナ製品の購入をご検討ください.
  4. 【実習キット付き】セミナを受講していただいた方は本製品を3,300円(税込)で購入できます.詳しくは,info@zep.co.jpまでご連絡ください.
  5. 本セミナには,Q&Aタイムがございません.

本セミナで使用する実習キット

  1. ラズベリー・パイ3 Model B+(ヒートシンク取り付け済)
  2. 電源アダプタ
  3. HDMIケーブル
  4. 環境センサ&A-Dコンバータ搭載IoT計測ボード完成品
  5. OS書き込み済SDメモリ・カード(実習用ソースプログラム含)
  6. Bカーブ10kΩの可変抵抗器

※【実習キット フルセット版】を購入したお客さまには1~6のセットを,【実習キット ライト版】(ラズベリー・パイをお持ちのお客様)には,4~6のセットを発送させていただきます.セミナ中に使用するプログラムはラズベリー・パイ4でも動作します.

写真1 本セミナで使用する実習キット

学ぶこと

本セミナでは,IoT向けの定番コンピュータ・ボード「Raspberry Pi」と温湿度センサ&10ビット2ch A-Dコンバータ搭載IoT計測ボードを動かしながら,Linuxコマンドの使い方やPythonによるプログラミング技術の基本を学習します.ラズベリー・パイにセンサや表示操作機器を接続し,Pythonプログラムでこれを制御し,収集したデータをグラフ化する方法をステップを追って解説します.全体を通してラズベリー・パイを使ったIoTシステムを構築するための基礎を習得することを目標とします.
 ヒートシンク取り付け済のRaspberry Pi,はんだ付け済みのIoT計測ボードに加え,ラズパイOS書き込み済みSDメモリ・カードも付いているため,自宅ですぐに実習を始められます.

写真2 本セミナで使う小型コンピュータ・ボード「ラズベリー・パイ」とHAT基板 図1 最終目標とするIoTシステム

内容

(1)Linuxの基礎

  • シェル,コマンド,ディレクトリ

(2)Pythonの基礎

  • 文法,データ構造,制御文

(3)GPIOの制御

  • RPi.GPIOでLチカ
  • イベント割込みとPWMパルス出力の使い方

(4)液晶表示器とA-Dコンバータの制御

  • I2C通信,SPI,ADC制御関数の使い方

(5)センサの計測

  • I2Cインターフェースと温湿度センサの使い方

(6)センサ・データのグラフ表示

  • matplotlibの使い方
  • ファイル保存とグラフ化

(7)センサ・データのネット公開

  • ウェブ・ぺージの作成
  • MyDNSでインターネットに公開する

ショート動画「本セミナで学ぶこと」

ショート動画「セミナのシステム構成とラズベリーパイの起動」

シート動画「GPIOの制御」

ショート動画「SPIとADC制御関数の使い方」


受講対象

  • ラズベリー・パイを使いたいがLinuxが分からないので敬遠している方
  • ラズベリー・パイで外部機器を接続して制御したいがPythonのプログラムが書けないので敬遠している方
  • ラズベリー・パイで入力したデータをグラフ化する方法を学習したい方
  • ラズベリー・パイでIoTシステムの構築を検討している方

あると望ましい予備知識

  • パソコンの操作(キーボード入力など)に習熟していること

講演の目標

  • ラズベリー・パイに各種センサや表示操作機器を接続する方法を学習し,Pythonプログラムでこれらを制御してデータを収集保存,グラフ化するなどしてIoTシステムを構築できることを目標とする

用意していただきたもの

  • Windows10 メモリ8GB以上が望ましい
  • ブラウザはGoogle Chromeが必須
  • HDMI対応のモニタ
  • USBキーボード&マウス(ラズベリー・パイ接続用)
  • インターネット接続環境

講師紹介

略歴

  • 1971年 東北大学 工学部卒 大手通信機メーカにて制御機器開発に従事
  • 1996年 ホームページ「電子工作の実験室」を開設
  • 2003年 有限会社マイクロチップ・デザインラボ設立 代表取締役 計測制御システムコンサルタント,書籍執筆 セミナ講師
  • 2012年 神奈川工科大学 工学部 非常勤講師

主な著書

  1. 電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック,技術評論社
  2. 作る・できる/基礎入門 電子工作の素,技術評論社
  3. C言語による PICプログラミング大全,技術評論社
  4. ARMマイコンで電子工作 SAMファミリ活用ガイドブック,技術評論社
  5. PICと楽しむ Raspberry Pi活用ガイドブック,技術評論社