[キット・モジュール]
実験用27.5G-29.5GHzバンド・パス・フィルタ
MZ-mmBPF1

通過範囲 27G~31GHz,通過ロス -2dB@28GHz

概要

本製品は,28GHz帯を利用する超広帯域通信“5G”用に開発されたミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1の伝搬実験用バンド・パス・フィルタです.5G用ミリ波アンテナ(MZ-mmAnt1など)を使った28GHz帯の無線データ通信の伝搬実験に利用できます.MZ-mmCon1のRF受信端子(Rx)およびRF送信端子(Tx)とミリ波アンテナの間に挿入して使います.

通過範囲は27G~31GHz,通過ロスは28GHzで約-2dBです.技術適合証明は取得しておりません.本製品は電波暗室でご利用ください.

本製品は,ミリ波5G用のバンド・パス・フィルタ MMCB2528G5T-0001A3(TDK製)を実装した基板を内蔵しています.入出力端子である同軸コネクタは,145-0701-802(Cinch Connectivuty Solutions Jphnson),ケースはMTB018-001(ミクロ工業)のカスタム品です.電波吸収体 MFHT200-75-S1を貼って,アイソレーションを高めています.

使い方例 ミリ波の伝搬実験

ミリ波帯のスペクトラム・アナライザが1台と,アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1が1台,実験用27.5G-29.5GHzバンド・パス・フィルタ MZ-mmBPF1が2台,実験用28GHzミリ波パッチ・アンテナ MZ-mmAnt1が2台あれば実験できます.

技術資料

  1. 開発元(Radiun社)紹介ページ「mmCon1用28GHz帯バンドパス・フィルタ mmBPF1」
  2. ミリ波5G用のバンド・パス・フィルタ MMCB2528G5T-0001A3(TDK)のデータシート
  3. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.1 ミリ波の性質と広帯域通信の実験環境]
  4. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.8 初めての28GHzミリ波伝搬実験]
  5. 5G時代の先進ミリ波ディジタル無線実験室[Vol.9 帯域優先?精度優先?2種類の周波数変換方式]
  6. [キット・モジュール]ミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1

スペック

  1. 通過特性(実測)
  2. 通過範囲 27G~31GHz,通過ロス 28GHzで約-2dB
  3. 外径
  4. 35×25×16 mm
  5. 備考
  6. ケース両端に2.92mmコネクタとM3ネジ穴が付いています.シャーシ・パネルに直接留めることができるため,大きなロスの原因となる貫通コネクタが不要です.下記の写真に3mm厚のアルミ・パネルに取り付けた例を示します.

    5G関連キット・モジュール

    1. ミリ波5G対応アップ・ダウン・コンバータ MZ-mmCon1
    2. 実験用28GHzミリ波パッチ・アンテナ MZ-mmAnt1
    3. 実験用800M~6GHz 広帯域90°ハイブリッド MZ-Qhybrid
    4. 実験用27.5G-29.5GHzバンド・パス・フィルタ MZ-mmBPF1

    [動画セミナ] ローカル5G/6G開発の実際と始め方

    (a)東京都立大学 ローカル5G環境の概要と活用の方向性 (b)ローカル5Gおよび6Gに向けたMIMOハードウェア装置と評価法 (c)ローカル5G基地局のハードウェア開発
    (d)27G~43GHzミリ波5G用UP/DOWNコンバータ Radiun-mmCon1 (e)ミリ波5Gアンテナ開発の現状